肌質・目的別の効果的な洗顔のポイントを教えます。

敏感肌に効果的な洗顔のポイント

今まで、化粧品を使用していて、肌が荒れた経験がある方も、中にはいらっしゃるかと思います。 このように、ちょっとした刺激にも敏感に反応し、肌トラブルを起こしやすい状態の肌のことを「敏感肌」といいます。 敏感肌の場合、化粧品の選び方やスキンケアの仕方を間違えると大変なので、洗顔料の選び方と洗顔の仕方には、特に気をつける必要があります。

敏感肌の方に向いているのは、敏感肌用に作られている洗顔料もそうですが、一番は香料や着色料などの添加物を使用していない、無添加の洗顔料がおすすめです。 無添加の洗顔料は、他の洗顔料よりも安全性の高いものということで、近年人気を集めているので、容易に手に入れることができるかと思います。 無添加の洗顔料の中でも、主原料として使用されているオイルが植物性のものを選ぶと、肌への刺激が少ないので、なお良いでしょう。

洗顔をする時は、肌を刺激しないように、泡の力だけで洗うようにしましょう。 また、すすぐ時のお湯の温度が高いと、それも肌への強い刺激となってしまうので、25℃前後のぬるま湯ですすぐようにすると、肌への刺激を抑えることができます。

その他のコンテンツ